入籍フォトを撮るならウェディングフォト専門のセルフ写真館がおすすめ

ウェディングフォト専門セルフ写真館INAI WEDDINGです。

この記事では入籍フォトの撮影を検討されているカップル向けに、ウェディングフォト専門のセルフ写真館がおすすめの理由をまとめました。

入籍日の過ごし方の参考になれば嬉しいです。

セルフ写真館とは

一般的な写真館はカメラマンが撮影してくれるものですが、セルフ写真館の場合は、お客様自身でシャッターを押して撮影していくサービスです。プリクラ?と、思い浮かぶかもしれませんが、プリクラとは違い、一眼レフやミラーレスカメラがセッティングされており、プリクラと比べて本格的な撮影が可能なのが魅力のひとつです。

入籍フォトとは

入籍の思い出や記念に撮影するもの。入籍日のデートプランに組み込んでいるカップルも多いです。よくある撮影スポットとしては、セルフ写真館、ご自宅、役所のフォトブース、入籍祝いのお食事で etc… などがあげられます。

一般的なセルフ写真館とウェディングフォト専門のセルフ写真館の違い

ウェディングドレスやタキシードが用意されている

ウェディングフォト専門のセルフ写真館の場合は衣装や入籍フォト撮影に最適な小物等も準備されおり、一般的な写真館で撮影したものと遜色のない撮影が可能です。入籍フォト用のウェディングドレス等を購入したり持ち込む手間も省けるのも魅力。

完全貸切空間で撮影ができる

INAIWEDDINGの場合、撮影中はスタッフは別室におりますのでふたりきりでの空間で自由に撮影ができます。”カメラマン撮影は恥ずかしいから苦手。””ふたりだけでしか出せない自然な表情やポージングでリラックスして楽しい撮影したい。””ふたりきりで入籍日の思い出撮影にしたい。”などのカップルに最適です。また、一般的なセルフ写真館にドレスやタキシードを持ち込んで撮影するのは他のお客さんにも見られてしまいそうで恥ずかしい。という方々にも。

撮ったままではなく補正した写真を納品

こちらもINAIWEDDINGの場合となりますが、納品される写真は、撮影当日にその場で”撮ったままの写真を全データ”納品し、後日”綺麗に補正した写真を全データ”納品いたします。高品質な撮影機材を使用し補正して納品しているので、ただただカメラマンがいないというだけでハイクオリティの写真が納品されます。

入籍日のどのタイミングで撮影するべき?

婚姻届 原本で撮影したいなら”婚姻届提出前”がおすすめです。なので、まずは入籍フォト撮影。そして婚姻届提出。の流れがスムーズかと思います。役所での提出にかかる時間は読みにくいということもあるため、その後のランチの予約時間などにも気をつけてください。

INAIWEDDINGの予約時間は原則 10:00からとしておりますが、入籍日の時間をもっと効率的に使いたい などの場合は、9:00からだったり早う時間からの撮影もご相談乗らせていただきますのでお気軽にご相談くださいませ。

ウェディングフォト専門セルフ写真館はどこにある?

東京には豊島区の「大塚駅」徒歩2分の好立地にあります。大塚駅は聞きなれないかもしれませんが、池袋駅の隣駅。RJ山手線 大塚から池袋は2分。大塚駅構内は小さいため、大塚駅ホームに降りてからINAIWEDDINGまで5分以内で到着します。池袋駅はホームに降りてから地上に出るまで5分以上かかるので池袋駅よりも快適な場所にあります。

東京以外には福岡福津と埼玉浦和にありますが、浦和店は衣装のレンタルはなく土日祝日のみの営業となります。

そのほか、和装専門店も2024年1月に OPENしておりますので、ウェディングドレスなどの洋装ではなく、和装の入籍フォトを撮りたいという場合は、INAI WEDDING WASOU 東京浅草店がおすすめです。

入籍フォトはウェディングフォト専門のセルフ写真館がおすすめ

一般的なウェディングフォトの料金相場は10万円〜20万円となるため、入籍フォトで取りに行くには高額。一般的なセルフ写真館は安いけど、衣装の貸し出しがなく、納品クオリティも高くない。

ウェディングフォト専門セルフ写真館INAIWEDDINGでは、低価格・手ぶら・高品質 を実現していることから、年間1000 組以上のカップルや新郎新婦にご来店いただいております。

おふたりにとっての大切な1日にお会いできることを心より楽しみにしております。

INAIWEDDING スタッフ一同